『緊縛近親相姦』母親廃業 女として生きることを選んだ母親 青井マリ



マリ親子は、かつて息子の篤史を更生させた栗原の元に身を寄せていた。かねてからマリに惚れていた栗原は強引に迫り、恩を感じているマリは拒めず体を許してしまう。二人の関係を見てしまった篤史は、母の幸せを祈って栗原の家を出る。久しぶりに帰宅した篤史が見たのは、性奴隷のように全裸で縛られた母の姿だった。そして篤史は…。






TOP頁