人生で一番膣奥を貫かれたあの日から…。 白木優子



あの日から、私たち夫婦の絆が壊れ始めた―。頼りない夫の部下とは不釣り合いなブリーフ越しでも分かる逞しいペニスを目にしたあの時、私の身体はビリビリと電流が流れる感覚に襲われた。まるで威嚇する毒蛇のように反り返ったペニスに恐怖を感じながらも、私の頭から消える事はありませんでした。それどころか、私のアソコは思い出しただけで赤く充血して、ドロドロの愛液が肛門にまで垂れるほど激しく興奮してしまうのです…。






TOP頁