逆NTR【驚愕】親友(淫乱巨乳)に夫を奪われた私 堀越なぎさ[2]



裕子は夫の事で悩み、親友のなぎさに相談していた。裕子の夫の束縛は愛してるが故に激しく、親友のなぎさに会う事さえやっと承諾して貰えたらしい。そんな裕子の状況になぎさはニヤリとし、ある計画を思いつく。なぎさは裕子の愚痴を聞きつつ酒を勧め、楽しい時間を過ごしていった。その夜、裕子を家に送り届けたなぎさは、裕子の夫しんじと共に彼女をベットへと運んだ。泥酔して寝ている裕子を心配するしんじ、そんなしんじをなぎさは艶っぽくうるんだ眼差しで見つめ、手を添えてゆく。不意のキスに驚いたしんじだったが、積極的ななぎさに負けカラダを重ねてしまう。性に貧欲ななぎさは頻繁にしんじを呼び行為を繰り返していたが、やはり裕子を裏切れないしんじは関係を止めようとするが…。






TOP頁